モータースポーツ顕彰碑


日本の近代モータースポーツの曙、第一回日本グランプリ自動車レースが開催されてから五十有余年、
今日の繁栄を築くまでには、先人たちの危険や困難を乗り越える、絶え間ない努力や情熱がありました。
逆境をも跳ね返し、今日の環境を維持できたのは、ドライバー、主催者、サーキット施設運営、競技運営、チーム運営、車輛開発、
さらには支援者、ファンの方々があってこそです。
「ゴールドスタードライバーズクラブ オブ ジャパン」および「日本モータースポーツ推進機構」は、
そうした方々の功績を讃えるとともに、次代を担う人々による、さらなるモータースポーツ発展を願うものです。
二輪、四輪、オンロード、オフロードなどジャンルにとらわれず、手を携えて進むことで、大いなる未来が開くと念じています。
日本のモータースポーツ、自動車産業のさらなる発展と、
将来関わりを持つ人々に期待を託してこの碑を建設するものです。



モータースポーツ顕彰碑

発起/立案 ゴールドスタードライバーズクラブ オブ ジャパン
実施/管理 特定非営利法人 日本モータースポーツ推進機構
竣工    平成二十九年三月


モータースポーツ顕彰碑のご協賛について


ゴールドスター・ドライバーズクラブ・オブ・ジャパン (会長:大久保力)、NPO法人 日本モータースポーツ推進機構 (理事長:日置和夫)は、日本のモータースポーツの発展に寄与した方々、業績などをたたえる「日本モータースポーツ顕彰碑」の建設計画を進めてまいりましたが、このたび、富士スピードウェイのご厚意により、建設地を現地西ゲートに建築、10月に竣工いたしました。
日本のモータースポーツが今日の繁栄を築くに至ったのは、多くの危険や困難を乗り越え、努力を傾けたドライバーを始め、チーム運営、車輛開発、競技開催・運営、それらの支援など各方面の情熱のたまものです。
第一回日本グランプリから五十有余年、これらの先人、現役の努力をたたえる顕彰碑を建設し、後世に末永くその功績を伝えるのがその趣旨です。
すでに顕彰碑は完成しておりますが、周辺の整備、さらには今後長期間にわたる顕彰碑の維持・管理等に、すべてのモータースポーツ関係者、愛好家の皆様のご協力をいただきたく、ここに寄付のお願いをさせていただきます。


■ ご協賛金について

 法人一口 1万円 / 個人一口 5千円 (口数に制限は設けません)

※ご寄付頂いた個人、法人様のお名前はご寄付台帳に記載し顕彰碑に設置してあります保管庫に保存させていただきます。
 お手数ですがご希望の記帳名をメールまたはFAXにて下記までご連絡ください。

 特定非営利活動法人 日本モータースポーツ推進機構

 連絡先 E-Mail:info@motorsport-japan.com FAX:03-5733-4304

 住所:東京都港区芝公園8-5-22 機械振興会館 別館B-102


 ▽ご寄付金振込先:みずほ銀行 神谷町支店 店番146 普通預金1402212
  口座名義:特定非営利活動法人 日本モータースポーツ推進機構 顕彰碑口