TOPICS · REPORTトピックスやイベント写真レポート

公園地区C会場にて「LEGEND OF TOYOTA」開催

 モータースポーツジャパン2017の公園地区C会場(ダイバーシティ前)では、今年はトヨタ自動車のWRC(世界ラリー選手権)復帰もあり、「LEGEND OF TOYOTA」と題する企画展示を実施します。

 展示車両は、トヨタ自動車のモータースポーツ活動の原点とも言える豪州一周ラリー(1957年)に挑戦したトヨペット クラウンをはじめ、浮谷東次郎が数々の伝説を作ったトヨタスポーツ800、国際スピードトライアルに挑戦したトヨタ2000GT、1960年台後半から70年にかけて活躍したオープン2座プロトタイプレーシングカーのトヨタ7、90年代のWRCを席巻し、1995年サファリラリーで日本人初優勝を記録したセリカGT-FOUR ST185、そして1992年ル・マン24時間で関谷正徳選手らにより2位を獲得したトヨタTS010の合計6台が展示されます。

 いずれの車両も、トヨタの60年にわたるモータースポーツ活動において重要な役割を担ったヘリテージです。また、車両展示の他にもトヨタのモータースポーツ活動に関わった選手や関係者のトークショーなどを予定しています。詳細は決まり次第お伝えいたします。

 C会場では他にも「レプリカカーコンテスト」「ヒストリックカーコンテスト」を今年も実施します。

トヨタ7(1969年5L NA)

トヨタ7(1969年5L NA)

トヨタTS010(1992年ル・マン2位)

トヨタTS010(1992年ル・マン2位)

トヨタ2000GT(1966年スピードトライアル)

トヨタ2000GT(1966年スピードトライアル)