MOTOR SPORT JAPAN

モータースポーツを通じて、クルマやバイクの魅力を<br />もっと伝えていきます!

モータースポーツジャパンを運営する、NPO法人 日本モータースポーツ推進機構

 

 

役員プロフィール

 

2016年9月に開催された役員会の場において、運営体制が変更になりましたことご案内申し上げます。


  会長
大久保 力
1939年7月21日生まれ

1959年の浅間クラブマンレースに関わりから二輪ロードレースの世界へ。
1962年、鈴鹿オープニングレース(二輪)出場。
1963年第1回日本GP・C-Ⅰクラス優勝(スバル450)第2回日本GP・T-Ⅰ優勝(スバル360)。 1965年からマカオGPに10年連続出場、1971年には日本人初の準優勝(ブラバムBT28・F2)他、シンガポール、マレーシアGP入賞。1972年JAF GP.GP-Ⅰ優勝等フォーミュラカーレースの普及に尽力。 1985、86年香港ー北京4000km自動車ラリーSクラス連続優勝(ホンダCRX)。現在、日本自動車ジャーナリスト協会、日本外国特派員協会所属の自動車ジャーナリスト、二輪自動車団体役員。

  副会長
高橋 晴邦
1946年12月26日生まれ

1966年、船橋サーキットにてデビュー。1968年 全日本T-1年間チャンピォンを獲得。
1969年、トヨタ自販とワークスドライバー契約をしてプロドライバーになる。同年夏、トヨタ自工ともワークス契約し、日本GPにトヨタ7で参戦する。
1973年富士グランチャンピオンレースに、シグマオートモーティブから参戦。1974年、1975年とルマン24時間レースにシグマオートモーティブから参戦。
1979年、ウォルターウルフレーシングジャパンを設立し、1982年まで活動を行う。
  副会長
長谷見昌弘
1945年11月13日生まれ。

1962年、16歳の時に全日本モトクロスレースに初参加。
1965年、日産と契約し各種レースに参戦開始。
1976年、F1日本GPに参加。
1980年には、全日本F2、富士GC、鈴鹿F2シリーズ、フォーミュラパシフィックシリーズにおいてチャンピオンを獲得(4冠達成)。
2000年、全日本GT選手権シリーズ参戦を最後に、現役を引退するも、チームの監督として現在も采配を振るう。

  副会長
鮒子田 寛
1946年3月10日生まれ

1965年、ホンダ契約ドライバーに、1966年後半にはトヨタ自工契約ドライバーになり、トヨタ2000GT、トヨタ7等で活躍。
1970~71年、アメリカのレースに参戦(フォーミュラA、Trans-Am他)。
1972年、富士GCレース初代チャンピオン獲得。
1973年、1975年、1981年ルマン24時間参戦。その後も海外レースで好成績をあげる。 1981年いっぱいで現役を引退。その後、童夢、トムス、レーシング・テクノロジー・ノーフォーク等を経て、2012年株式会社童夢社長に就任。

  役員
砂子 義一
1932年9月23日生まれ

1956年、ヤマハから富士登山レース(2輪)の250ccクラスに参戦し、優勝を飾る。
1961年、世界GPレースにヤマハから参戦。オランダGPでの125ccクラスで9位、ベルギーGP250ccクラス6位などの好成績を記録する。
1963年、プリンス自動車と契約。
1964年、第2回日本グランプリにおいて、プリンス・スカイラインGTを駆り2位・表彰台を獲得した。
そして1966年、プリンスR380にて第3回日本GPで優勝を果たす。

  役員
高橋 国光
1940年1月29日生まれ

1958年第1回全日本クラブマンレース(2輪)にてデビューウインを飾る。
1960年ロードレース世界選手権に出場。
1961年ロードレース世界選手権西ドイツ大会の250ccクラスにおいて、日本人初の世界GP初優勝を遂げる。
1964年日産ワークスに加入し、フェアレディ、ブルバード等を駆る。1973年よりF2、富士GCなどにも参戦を開始。1977年F1日本GPへのスポット参戦を果たす。
そして1985~1987及び1989年、全日本耐久選手権シリーズチャンピオン獲得後、1992年より、チームクニミツとしての活動がスタートし現在は総監督として指揮を執る。


  役員
多賀 弘明
1934年3月21日生まれ。

1963年に開催された「第1回日本グランプリ」のS&T部門(クラウン)で優勝し、その後も第2回日本グランプリ、船橋クラブマンレース、鈴鹿500km耐久レースなどに参戦する。
1964年、トヨタモータースポーツクラ ブを設立し、トヨタのレーシングドライバー及びオフィシャルの管理、育成をすると共に、富士1000kmレースを始め各種レースイベントをオーガナイズする。 その後、JAFスポーツ委員会のメンバーとしても長年活躍した。

 

役員
舘 信秀

1965年デビュー。
トヨタワークスドライバーとしてツーリングカーで活躍。またマカオGPにも積極的に参戦し、「マカオの虎」の異名を取った。
  役員
寺田 陽次郎
1965年デビュー。
マツダワークスドライバーとしてルマン24時間参戦を開始。プライベーターとしての参戦を含める29回のルマン出場を数える。

物 故 役 員

  名誉会長
難波 靖治

2013年11月
逝去

1929年7月16日生まれ

1948年、日産自動車入社。
1958年、オーストラリアラリーに参加しクラス優勝を飾る。
1984年、ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(ニスモ)設立と共に初代社長に就任。日産のモータースポーツ活動の総指揮を執ってきた。 また日本自動車連盟(JAF)において、長年に渡り各種委員を歴任し、モータースポーツ行政においても活躍した。