MOTOR SPORT JAPAN

モータースポーツを通じて、クルマやバイクの魅力を<br />もっと伝えていきます!

モータースポーツジャパンを運営する、NPO法人 日本モータースポーツ推進機構

 

会員

会員プロフィール

      (アイウエオ順)
  漆原 徳光 1969年デビュー。
1972年の富士GCではシリーズランキング2位を獲得。その他、F2000、そしてマカオGPなど多くのレースに参戦。

  大岩 湛矣 1964年第2回日本グランプリにてレースデビュー。
トヨタワークスドライバーとして活躍。68年の日本グランプリ・ツーリングカーレースにおいて優勝を飾る。

  大森祥吾 1965年レースデビュー。 その後、ISUZUのワークスドライバーとして「いすゞR7」「ベレットR6」「ベレット1600GT」「ベレットGT-R」などを駆り、日本グランプリをはじめとした各種レースで活躍。
  岡本 安弘 1967年デビュー。
マツダワークス入りし、ツーリングカー、富士GCシリーズなど多くのレースで活躍。
ルマン24時間に参戦。
  影山 正彦 1986年デビュー。
89年全日本F3チャンピオン。F3000、グループC耐久、グループAレースなどで活躍。
93〜95年全日本GTチャンピオン。98年ルマン24時間3位。
  片山 右京 1983年デビュー。
フランスでのレース活動、91年全日本F3000チャンピオン、92〜97年FGP参戦、最高位5位。
  北野 元 2輪GPライダーから1964年第2回日本グランプリにて日産ワークスドライバーとして4輪レースデビュー。
そして1968年の日本グランプリにおいて優勝を飾る。
  北原 豪彦 1964年第2回日本グランプリにてレースデビュー。
トヨタモータースポーツクラブ(TMSC)に所属し数多くのレースに参戦した。
  久保田 洋史 1969年デビュー。
多くのレースをGT-Rをかって活躍。GT-Rの50勝の内、10勝を挙げている。
  黒澤 元治 2輪モトクロスを経て1965年日産ワークスドライバーとして4輪レースデビュー。
69、73年日本グランプリ優勝。73年全日本F2000チャンピオン。
  黒須 隆一 1967年、全日本1000km耐久自動車レースにブルーバードSSSにてデビュー。その後も富士スピードウェイを活動の中心とし、日本グランプリ、JAFグランプリ、富士GCシリーズなどプライベーターとして多くのレースに参戦、活躍した。
  桑島 正美 1969年デビュー。
72年に渡英、ヨーロッパのF3、F2シリーズで活躍。75年以降帰国して富士GC、全日本F2選手権に出場。
  桑原 彰 1940年生まれ
1964年の、第二回日本グランプリにクラウンにて参戦。 その後もトヨタ車での参戦を続け、スプリントレース、そして耐久レースにおいて活躍した。
  近藤 真彦 1984年、レースデビュー。
その後、F3、F3000(フォーユラニッポン)、GT選手権など、芸能活動と平行しながらフル参戦を継続する。 1994年にはルマン24時間レースに初参戦。 2002年いっぱいをもってドライバーとして活動は中止したが、2000年に設立した「KONDO Racing」のオーナーとして、いま現在も「SUPER FORMULA」「SUPER GT」「SUPER Taikyu 」などへ参戦を続けている。
  櫻井 一 1968年富士フレッシュマンレースに18歳でデビュー。
1968年、1969年、1970年と富士、鈴鹿、筑波サーキットを転戦。
1970年のJAFグランプリレース(GTSクラス)にて優勝を飾る。
  佐々木 秀六 1968年レースデビュー。
1980年のF3シリーズにおいてチャンピオンを獲得。
翌1981年はイギリスF3シリーズにフル参戦を果たす。
1982年以降は日本に戻り、F3、F2、グループA、グループC各種レースで活躍した。
  篠原 孝道 1966年デビュー。
1969年のJAFグランプリにおいてGT-Rに初の優勝をもたらした。
レーシングドライバー引退後も、JAF審査委員等を歴任。
  清水 正智 1965年、船橋サーキットでレースデビューを果たす。 1971年には日本グランプリ参戦。 その後は富士GCシリーズ、F2/F3000、JSPCなど国内トップカテゴリーレースシリーズにて活躍した。
  菅原 義正 1966年デビュー。
1971年まで多くのカテゴリーに参戦。その後、近年は、ダカールラリーでの活躍。
  杉崎 直司 1971年デビュー。
マイナーツーリング、富士GCレースなど多くのレースで活躍。
79年富士GCマイナーツーリングチャンピオン。
  鈴木 亜久里 全日本カートチャンピオンを経て1979年4輪レースデビュー。
1989年F1フル参戦開始。
1990年F1日本GPにおいて3位表彰台に立つ。
  鈴木 利男 全日本カートチャンピオン獲得後、1977年に4輪レースデビュー。
79年F3チャンピオンに。その後Gr.C、Gr.A、F3000等にて活躍し、
そのF3000では1995年にチャンピオン。
  関谷 正徳 1972年デビュー。
F3000、富士GC、Gr.Cなどトップカテゴリーに参戦。95年には、
日本人初のルマン24時間レース優勝者となる。
  武智 勇三 1965年デビュー。
ダイハツ・ワークスドライバーとして小排気量プロトタイプカーP3、P5で活躍した。
  津々見 友彦 1963年第1回日本グランプリにて、レースデビュー。
ニッサン、トヨタ、いすゞのワークスドライバーとして活躍。
現在は、自動車ジャーナリストとして活動。
 

戸谷 千代三

1973年の全日本富士500kmを「シェブロンB23」にて参戦したことを皮切りに、耐久レースを中心に活動開始。 「レノマカラー」「Alpha Cubicカラー」による活躍が、多くのレースファンにインパクトを残す。

  都平 健二 1965年デビュー。
日産ワークスドライバーとして活躍。68年全日本ツーリングカーⅡチャンピオン。
  長坂 尚樹 1972年デビュー。
73年鈴鹿シルバーカップチャンピオン。グループA、富士GC、Gr.Cなどで活躍。84全日本耐久選手権、85、87全日本ツーリングカーチャンピオン。
  中嶋 悟 1973年デビュー。
日本人初のレギュラーF1ドライバー。87~91年F1GP参戦。
81〜86年全日本F2選手権チャンピオン。79富士GCチャンピオン。
  中谷 明彦 1980年デビュー。
ジャーナリストから転身、88年全日本F3チャンピオン。
全日本F3000選手権、全日本ツーリングカー、GT選手権、スポーツプロトタイプカー選手権で活躍。
  野田 英樹 1969年生まれ。13歳でカートレースを始める。1989年より、レースの場をヨーロッパに移し、フォーミュラヴォクソール、イギリスF3、インターナショナルF3000などに参戦。1994年には、F1参戦を果たす。1996年以降は、アメリカのインディシリーズ、日本のフォーミュラニッポン、SUPER GT等に参戦。2010年、フランス24時間耐久レース完走をもって、29年間の現役生活に終止符を打つ。
  服部 茂章 1990年、FJ1600でレースデビュー。
フォーミュラトヨタ、全日本F3などの参戦を経て、1995年よりアメリカの 「フォーミュラ・アトランティックに参戦。 以後、インディライツを経て、1999年よりCARTシリーズへの参戦を果たす。 2004年から活動の場をNASCARへ移す。現在は「Hattori Racing Enterprises」にて「NASCAR Camping World Truck Series」にドライバーではなくチームオーナーとして参戦中。
  服部 尚貴 1986年デビュー。
1990年全日本F3シリーズチャンピオン。93(クラス)、96年全日本ツーリングカー選手権チャンピオン。フォーミュラ・ニッポン、GTでも活躍。
  福山 英朗 1955年生まれ。
1977年レースデビュー。 その後、F3、F3000と順調にステップアップを果たす。その後、ルマン24時間におけるクラス優勝、全日本ツーリングカー選手権シリーズチャンピオンなどの実績を残す。 また、1998年からNASCARへの挑戦も開始。2003年には日本人初のNASCAR最高峰クラスへの参戦も果たした。 現在はテレビでのモータースポーツ解説者などとしても活躍。
  星野 一義 1969年4輪レースデビュー。
F2、F3000、富士GC、グループA、グループCカーレースなどにおいて多くのタイトルを獲得。「日本一速い男」の異名を持つ。
  松下 弘幸 モトクロス、ラリー、ダートトライアル等への参戦を経て、1984年にシビックレース参戦。 1986年より活動の場をアメリカに移し、フォーミュラフォード、フォーミュラアトランティックなどに参戦。 1990年、日本人として初のインディカーシリーズ参戦を開始。1998年まで9年に渡って参戦を続けた。
  見崎 清志 1965年デビュー。
トヨタワークスドライバー。F3、グループAなど、数多くのカテゴリーで活躍。積極的に東南アジアのレースにも参戦。
  柳田 春人 1969年デビュー。
富士GC、スーパーシルエットレース(SS)で活躍する。80、83年SSチャンピオン。87、88年全日本ツーリングカー2クラスチャンピオン。
  米村 太刀夫 1966年第3回日本グランプリ参加。
いすゞのワークスドライバーとして富士GC等に参戦。ジャーナリストとしても活躍。

物 故 会 員

      (アイウエオ順)
  大坪 善男

2013年6月
逝去
1964年第2回日本グランプリにてデビュー。
トヨタワークスドライバーとして活躍。67、69年の富士1000kmで優勝、67富士24時間優勝。
  歳森 康師

2015年2月
逝去
1968年デビュー。
69年の日本グランプリ(GT部門)で優勝を飾る。その後も、1975年まで数多くのレースに参戦した。
 

武智 俊憲

2016年5月
逝去

1966年レースデビュー。
1968年全日本S1クラスのチャンピオンを獲得。
その後1970年代マツダのワークスドライバーとして活躍した。
 

田村三夫

2016年12月
逝去

1949年、多摩川スピードウェイで開催された「第1回全日本モーターサイクル選手権レース」にてレースデビューを果たす(2位表彰台獲得)。 その後オートレース選手としての活動を経て、1964年にトヨタのワークスドライバーとなり、1966年には「チーム・トヨタ」発足と同時に、最初のメンバーに選ばれた。
  松本 恵二

2015年5月
逝去
1969年デビュー。
ツーリングカーレースで活動した後、79年全日本F2チャンピオン。83年富士GCチャンピオン。85年WEC in JAPAN優勝。