MOTOR SPORT JAPAN

モータースポーツを通じて、クルマやバイクの魅力を<br />もっと伝えていきます!

モータースポーツジャパンを運営する、NPO法人 日本モータースポーツ推進機構

 

会員

会員プロフィール

      (アイウエオ順)
  漆原 徳光 1969年デビュー。
1972年の富士GCではシリーズランキング2位を獲得。その他、F2000、そしてマカオGPなど多くのレースに参戦。

  大岩 湛矣 1964年第2回日本グランプリにてレースデビュー。
トヨタワークスドライバーとして活躍。68年の日本グランプリ・ツーリングカーレースにおいて優勝を飾る。

  大森祥吾 1965年レースデビュー。 その後、ISUZUのワークスドライバーとして「いすゞR7」「ベレットR6」「ベレット1600GT」「ベレットGT-R」などを駆り、日本グランプリをはじめとした各種レースで活躍。
  岡本 安弘 1967年デビュー。
マツダワークス入りし、ツーリングカー、富士GCシリーズなど多くのレースで活躍。
ルマン24時間に参戦。
  片桐 昌夫 1965年。 見崎清志、伊能祥光両氏らとゼロ.ファイターズ.カークラブを結成。船橋サーキットオープニングレースにホンダS600でデビュー第3回日本グランプリを始め数々のレースで活躍。記憶に残るレースは第15回マカオグランプリに挑戦し総合5位クラス優勝を勝ち取った。
  片山 右京 1983年デビュー。
フランスでのレース活動、91年全日本F3000チャンピオン、92〜97年FGP参戦、最高位5位。
  北野 元 2輪GPライダーから1964年第2回日本グランプリにて日産ワークスドライバーとして4輪レースデビュー。
そして1968年の日本グランプリにおいて優勝を飾る。
  北原 豪彦 1964年第2回日本グランプリにてレースデビュー。
トヨタモータースポーツクラブ(TMSC)に所属し数多くのレースに参戦した。
  桑島 正美 1969年デビュー。
72年に渡英、ヨーロッパのF3、F2シリーズで活躍。75年以降帰国して富士GC、全日本F2選手権に出場。
  近藤 真彦 1984年、レースデビュー。
その後、F3、F3000(フォーユラニッポン)、GT選手権など、芸能活動と平行しながらフル参戦を継続する。 1994年にはルマン24時間レースに初参戦。 2002年いっぱいをもってドライバーとして活動は中止したが、2000年に設立した「KONDO Racing」のオーナーとして、いま現在も「SUPER FORMULA」「SUPER GT」「SUPER Taikyu 」などへ参戦を続けている。
  櫻井 一 1968年富士フレッシュマンレースに18歳でデビュー。
1968年、1969年、1970年と富士、鈴鹿、筑波サーキットを転戦。
1970年のJAFグランプリレース(GTSクラス)にて優勝を飾る。
  佐々木 秀六 1968年レースデビュー。
1980年のF3シリーズにおいてチャンピオンを獲得。
翌1981年はイギリスF3シリーズにフル参戦を果たす。
1982年以降は日本に戻り、F3、F2、グループA、グループC各種レースで活躍した。
  菅原 義正 1966年デビュー。
1971年まで多くのカテゴリーに参戦。その後、近年は、ダカールラリーでの活躍。
  杉崎 直司 1971年デビュー。
マイナーツーリング、富士GCレースなど多くのレースで活躍。
79年富士GCマイナーツーリングチャンピオン。
  鈴木 亜久里 全日本カートチャンピオンを経て1979年4輪レースデビュー。
1989年F1フル参戦開始。
1990年F1日本GPにおいて3位表彰台に立つ。
  鈴木 利男 全日本カートチャンピオン獲得後、1977年に4輪レースデビュー。
79年F3チャンピオンに。その後Gr.C、Gr.A、F3000等にて活躍し、
そのF3000では1995年にチャンピオン。
  関谷 正徳 1972年デビュー。
F3000、富士GC、Gr.Cなどトップカテゴリーに参戦。95年には、
日本人初のルマン24時間レース優勝者となる。
  武智 勇三 1965年デビュー。
ダイハツ・ワークスドライバーとして小排気量プロトタイプカーP3、P5で活躍した。
  津々見 友彦 1963年第1回日本グランプリにて、レースデビュー。
ニッサン、トヨタ、いすゞのワークスドライバーとして活躍。
現在は、自動車ジャーナリストとして活動。
 

戸谷 千代三

1973年の全日本富士500kmを「シェブロンB23」にて参戦したことを皮切りに、耐久レースを中心に活動開始。 「レノマカラー」「Alpha Cubicカラー」による活躍が、多くのレースファンにインパクトを残す。

  都平 健二 1965年デビュー。
日産ワークスドライバーとして活躍。68年全日本ツーリングカーⅡチャンピオン。
  長坂 尚樹 1972年デビュー。
73年鈴鹿シルバーカップチャンピオン。グループA、富士GC、Gr.Cなどで活躍。84全日本耐久選手権、85、87全日本ツーリングカーチャンピオン。
  中嶋 悟 1973年デビュー。
日本人初のレギュラーF1ドライバー。87~91年F1GP参戦。
81〜86年全日本F2選手権チャンピオン。79富士GCチャンピオン。
  中谷 明彦 1980年デビュー。
ジャーナリストから転身、88年全日本F3チャンピオン。
全日本F3000選手権、全日本ツーリングカー、GT選手権、スポーツプロトタイプカー選手権で活躍。
  野田 英樹 1969年生まれ。13歳でカートレースを始める。1989年より、レースの場をヨーロッパに移し、フォーミュラヴォクソール、イギリスF3、インターナショナルF3000などに参戦。1994年には、F1参戦を果たす。1996年以降は、アメリカのインディシリーズ、日本のフォーミュラニッポン、SUPER GT等に参戦。2010年、フランス24時間耐久レース完走をもって、29年間の現役生活に終止符を打つ。
  服部 茂章 1990年、FJ1600でレースデビュー。
フォーミュラトヨタ、全日本F3などの参戦を経て、1995年よりアメリカの 「フォーミュラ・アトランティックに参戦。 以後、インディライツを経て、1999年よりCARTシリーズへの参戦を果たす。 2004年から活動の場をNASCARへ移す。現在は「Hattori Racing Enterprises」にて「NASCAR Camping World Truck Series」にドライバーではなくチームオーナーとして参戦中。
  服部 尚貴 1986年デビュー。
1990年全日本F3シリーズチャンピオン。93(クラス)、96年全日本ツーリングカー選手権チャンピオン。フォーミュラ・ニッポン、GTでも活躍。
  福山 英朗 1955年生まれ。
1977年レースデビュー。 その後、F3、F3000と順調にステップアップを果たす。その後、ルマン24時間におけるクラス優勝、全日本ツーリングカー選手権シリーズチャンピオンなどの実績を残す。 また、1998年からNASCARへの挑戦も開始。2003年には日本人初のNASCAR最高峰クラスへの参戦も果たした。 現在はテレビでのモータースポーツ解説者などとしても活躍。
  藤井 修二

1989年全日本プロトタイプカー選手権GTPクラスシリーズ優勝。
1990年世界ラリー選手権・モンテカルロラリーに出場 クラス7位獲得。 全日本プロトタイプカー選手権にマツダ767で全戦出場。 13戦連続完走日本タイ記録樹立。1992年ファッションブランド『ミラ・ショーン』のスポンサードをうけてフォーミュラーカーレースに参戦。

  古谷 直広 1963年生まれ。82年よりレースデビュー。86年のイタリアF3を経て全日本F3、全日本F3000。全日本GT選手権~スーパーGT、スーパー耐久に参戦。 スーパー耐久では2003年、2006年シリーズチャンピオン獲得。過去にはインストラクター、チーム監督やモータースポーツ専門学校講師を務める。。
  星野 一義 1969年4輪レースデビュー。
F2、F3000、富士GC、グループA、グループCカーレースなどにおいて多くのタイトルを獲得。「日本一速い男」の異名を持つ。
  松浦 賢 エンジンチューナーとして知られているが60年代末には国内外のレースで活躍。 1968年マカオGP総合11位・Bクラス優勝、1969年日本GP GTレースGT1クラス優勝 現・ケン・マツウラレーシングサービス顧問
  松下 弘幸 モトクロス、ラリー、ダートトライアル等への参戦を経て、1984年にシビックレース参戦。 1986年より活動の場をアメリカに移し、フォーミュラフォード、フォーミュラアトランティックなどに参戦。 1990年、日本人として初のインディカーシリーズ参戦を開始。1998年まで9年に渡って参戦を続けた。
  見崎 清志 1965年デビュー。
トヨタワークスドライバー。F3、グループAなど、数多くのカテゴリーで活躍。積極的に東南アジアのレースにも参戦。
  柳田 春人 1969年デビュー。
富士GC、スーパーシルエットレース(SS)で活躍する。80、83年SSチャンピオン。87、88年全日本ツーリングカー2クラスチャンピオン。
  米村 太刀夫 1966年第3回日本グランプリ参加。
いすゞのワークスドライバーとして富士GC等に参戦。ジャーナリストとしても活躍。

永世(物故)会員

      (アイウエオ順)
  名誉会長
難波 靖治

2013年11月
逝去

1929年7月16日生まれ
1948年、日産自動車入社。
1958年、オーストラリアラリーに参加しクラス優勝を飾る。
1984年、ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(ニスモ)設立と共に初代社長に就任。日産のモータースポーツ活動の総指揮を執ってきた。 また日本自動車連盟(JAF)において、長年に渡り各種委員を歴任し、モータースポーツ行政においても活躍した。
  大坪 善男

2013年6月
逝去
1964年第2回日本グランプリにてデビュー。
トヨタワークスドライバーとして活躍。67、69年の富士1000kmで優勝、67富士24時間優勝。
  歳森 康師

2015年2月
逝去
1968年デビュー。
69年の日本グランプリ(GT部門)で優勝を飾る。その後も、1975年まで数多くのレースに参戦した。
  清水 正智 1965年、船橋サーキットでレースデビューを果たす。 1971年には日本グランプリ参戦。 その後は富士GCシリーズ、F2/F3000、JSPCなど国内トップカテゴリーレースシリーズにて活躍した。
  砂子 義一

2020年1月
逝去
1932年9月23日生まれ 1956年、ヤマハから富士登山レース(2輪)の250ccクラスに参戦し、優勝を飾る。1961年、世界GPレースにヤマハから参戦。オランダGPで125ccクラスで9位、ベルギーGP250ccクラス6位などの好成績を記録する。 1963年、プリンス自動車と契約。1964年、第2回日本グランプリにおいて、プリンス・スカイラインGTを駆り2位・表彰台を獲得した。そして1966年、プリンスR380にて第3回日本GPで優勝を果たす。
  高橋 国光

2022年3月
逝去
1940年1月29日生まれ 1958年第1回全日本クラブマンレース(2輪)にてデビューウインを飾る。1960年ロードレース世界選手権に出場。1961年ロードレース世界選手権西ドイツ大会の250ccクラスにおいて、日本人初の世界GP初優勝を遂げる。 1964年日産ワークスに加入し、フェアレディ、ブルバード等を駆る。1973年よりF2、富士GCなどにも参戦を開始。1977年F1日本GPへのスポット参戦を果たす。
そして1985~1987及び1989年、全日本耐久選手権シリーズチャンピオン獲得後、1992年より、チームクニミツとしての活動がスタートし現在は総監督として指揮を執る。
 

武智 俊憲

2016年5月
逝去

1966年レースデビュー。
1968年全日本S1クラスのチャンピオンを獲得。
その後1970年代マツダのワークスドライバーとして活躍した。
 

田村三夫

2016年12月
逝去

1949年、多摩川スピードウェイで開催された「第1回全日本モーターサイクル選手権レース」にてレースデビューを果たす(2位表彰台獲得)。 その後オートレース選手としての活動を経て、1964年にトヨタのワークスドライバーとなり、1966年には「チーム・トヨタ」発足と同時に、最初のメンバーに選ばれた。
  松本 恵二

2015年5月
逝去
1969年デビュー。
ツーリングカーレースで活動した後、79年全日本F2チャンピオン。83年富士GCチャンピオン。85年WEC in JAPAN優勝。